危険がいっぱいのムダ毛の自己処理・自己脱毛

ムダ毛の処理って厄介ですよね。

従来から、いろいろな器具が脱毛・除毛の自己処理器具として使われてきましたが、肌トラブルが絶えませんでした。かと言って、脱毛サロン脱毛クリニック(男性の方は、こちら)も、通うのが大変という厄介な問題もあります。

そんな中、今、徐々に注目されるようになってきたのが、「除毛クリーム」を使用したムダ毛の処理。

ここでは、それぞれのメリット・デメリットを中心に、除毛クリームの良さを紹介していきます。

 

色々あるムダ毛の自己処理法

自分でできるムダ毛の処理には、いろいろな方法があります。

  • ムダ毛自体の色を薄くして目立たなくする脱色剤での処理、
  • 毛抜きテープでムダ毛を取り除く処理、
  • 生えているムダ毛を科学的に分解して溶かす除毛剤・除毛クリームでの処理、
  • カミソリシェイバーなどで剃り落す処理、
  • 家庭用脱毛器での本格的な処理

などがあります。

多くの方は、いちばん手っ取り早くできる剃り落す処理で、済ませているのではないでしょうか。

最近は、脱毛エステの料金が驚くほど安く提供されているので、サロンに通い始める人が増えてきた様ですが、思う様に予約が取れないという難点があるみたいです。

確かに、安い料金でしかもプロにお任せできるのであれば、魅力的に思うかも知れませんが、中には施術後の肌トラブルを招いてしまったり、契約上のトラブルが発生してしまったりすることもあるそうです。

どんな脱毛処理を行うにしても、メリットもあればデメリットもあるということを頭に置き、その中で自分に合った方法がいいですよね。

 

ムダ毛の自己処理について

自己処理の場合、自分でできるという手軽さはありますが、処理後のトラブルも自己責任です。

まず、脱色剤は、気になる部位に薬剤を塗り、ある程度時間を置いてから洗い流すだけの手間要らずですが、刺激の強い薬剤を使用しているために、肌へのダメージが大きいというデメリットがあります。

毛を取り除いたり剃り落す処理は、あまりお金をかけずに手軽にできる処理ではあっても、肌を傷つけてしまったり、毛穴の開きや色素沈着、埋没毛などの肌トラブルが発生するデメリットがあります。

家庭用脱毛器には、フラッシュ式とレーザー式の2種類があり、どちらも決して安い値段の機器ではありませんが、1台持っていれば、いつで自分でできるという手軽さはあります。

ただ、安全性のためにサロンの機器に比べ出力が弱くなっていますから、サロン並の効果を期待することはできません。

また、どちらも照射範囲が少ないために、細かい部位の処理には適していますが、広範囲の処理となると、かなりの時間と手間がかかってしまいますし、毛が多い人や濃い人には不向きかも知れません。

いくら出力が弱いからといって、誤った使用方法をしていれば肌トラブルのもと。特に、敏感肌の人は気をつけなければなりません。

この様に、どんな自己処理でもメリットもデメリットもあります。

 

技術の進歩!?今、除毛クリームがホットな話題に!

そのような中、今、除毛クリームを使用したムダ毛の自己脱毛が注目を集めています。

一昔前の除毛クリームを使用したムダ毛の処理は、剃り落す処理みたいに毛の断面が目立つことはありませんが、皮膚表面で起こっている化学反応でムダ毛を溶かす処理になるので、肌のバリア機能を破壊する危険性を伴ってしまいました。

ただ最近では、このサイトでもご紹介している除毛クリーム(男性の除毛クリームの詳細は、こちら)のように、厚生労働省認可の「チオグリコール酸」という除毛の有効成分を使用し、併せて「リキッドクリスタル製法」と呼ばれるミクロ状の非常に細かい液体粒子が毛根近くまで浸透して除毛するという技術のお蔭で、ムダ毛の完全に近い除毛が可能となってきています。

 

何れにせよ、脱色剤、毛抜き、脱毛テープ、カミソリ、シェーバを使用した自己脱毛は、上記の通り、肌トラブルの元。

かと言って、脱毛サロン脱毛クリニック(男性の方は、こちら)へ通うとなると、料金や「通う」という時間の問題、加えて最近では予約が取れない・取りにくいといった厄介な問題もあるので、二の足を踏むという方も多いようです。

 

まとめ

上記のように、ムダ毛処理・ムダ毛の予防は、今では、専用の除毛クリームを使用した方法が主流となりつつあります。

ただ、やはりこの除毛クリームを使用したムダ毛処理でも、処理の保湿ケアはしっかりやっておいたほうが良いでしょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ